ムダ毛の自己処理を続けるとどんな危険性があるの?

投稿日:

シェービング後は湯船につからないようにする

春や夏など肌を露出する機会が増えると、ムダ毛を自己処理する回数も増えてきます。ムダ毛の自己処理の定番は、カミソリによるシェービングです。シェービングは手軽におこなえるうえに、費用が安いというメリットがあります。ですが間違ったケアを続けていると、肌荒れを起こしやすくなるので注意が必要です。カミソリでのシェービングは、肌の表面に刃をあてることになるので、細かな傷ができやすいという特徴があります。入浴時にシェービングをおこなう人が多いですが、ムダ毛処理後は湯船に浸からないようにしましょう。何故なら、湯船には雑菌がたくさん漂っているからです。傷ついた肌で湯船につかると、雑菌に影響で肌の炎症を招く恐れがあるので気を付けましょう。

普段から肌の保湿をしっかりとおこなう

ムダ毛を自己処理する方法は、カミソリによるシェービングのほかに家庭用脱毛器や除毛クリーム、毛抜きなどがあります。どのムダ毛の処理方法も少なからず肌にダメージを与えるので、アフターケアを十分におこないましょう。アフターケアがおろそかになると、肌の乾燥をまねく恐れがあります。乾燥肌が悪化すると肌がゴワゴワと硬くなったり、シミや黒ずみになることもあるので注意が必要です。それを防ぐ1番の方法は保湿ケアの徹底になります。化粧水や保湿クリームを利用する際は、保湿成分が配合されているものを使うと効果的がさらに高まります。コラーゲンやヒアルロン酸に注目すると同時に、肌への浸透率を高めるためにナノ化されたものを選ぶようにしてみましょう。

Copyright© デリーモ(deleMO)の効果vs永久脱毛!はじめての除毛スプレー【私の口コミ】徹底レビューの結果 , 2019 All Rights Reserved.